一部の永久脱毛なら針脱毛

近年、爆発的に普及している光脱毛によって、永久脱毛ならレーザー脱毛という認識が広まっています。確かにレーザー脱毛ならば一度に広範囲の永久脱毛が可能となり、全身脱毛を永久脱毛で行なう事もできるようになったことこそレーザー脱毛による永久脱毛の革命と言えることではあります。しかし、だからといって全ての永久脱毛がレーザー脱毛で良いと言うことにはなりません。

広範囲の全身脱毛ならばレーザー脱毛の方が効率的かもしれませんが、永久脱毛の箇所を一部に限定する部分脱毛ならばレーザー脱毛よりももう一つの永久脱毛施術である針脱毛の方が断然お勧めなのです。この針脱毛とは別名ニードル脱毛と呼ばれ、先端に電流の流れる電気針を使用して永久脱毛を行う施術です。

この針を毛穴に差し込みその奥の毛根を焼いて処理するという非常に細かい作業を要求する永久脱毛施術は広範囲の施術においては手間が膨大になり不向きですが、その丁寧さこそが部分的な脱毛に向いており、限定された範囲で脱毛の形状を細かく指定することができます。

特に美容での部分脱毛ならば、眉の形を整える永久脱毛なども必要となり、その場合はレーザー脱毛よりも針脱毛の方が希望する形状に無理なく近づけることができるはずです。もちろん施術を行う人の技量にもよりますが、大量の毛穴に纏めて施術を行うレーザー脱毛より、一つ一つの毛穴に丁寧に処理を行いつつ、随時進行状態を確認できる針脱毛の方が丁寧な仕上がりになる事は自明の理といえます。